ご挨拶

慎太郎音楽祭開催のご挨拶

幕末維新の英傑 中岡慎太郎。同郷の志士 坂本龍馬。数多くの偉業を成し遂げながらも新しい時代を見ることなく、慶応3年11月京都四条河原町近江屋にて志半ばで凶刃に倒れた二人。墓所のある京都霊山護国神社(京都市東山区)では、毎年11月15日に両志士墓前祭を斎行し「龍馬よさこい」が奉納演舞として神前に捧げられてまいりました。 中岡慎太郎生誕185年を記念し、令和5年から「慎太郎音楽祭-Shintaro Music Festival-」を同時開催。学生アカペラ団体が美しいハーモニーを会場いっぱいに奏でご来場の皆様にお届けします。 「慎太郎なくして龍馬なし」11月の京都で全国より集まった学生アカペラ団体による歌声と熱気溢れる龍馬よさこいの演舞を存分にお楽しみください。





こんにちは!初めまして。本年度、慎太郎音楽祭の統括を務めることになりました柴田夏菜子です。慎太郎音楽祭は、昨年2023年よりスタートし、今年で第2回目の開催となります!昨年度ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。本年度は昨年より会場数を増やし、京都駅・高台寺利生堂・ゼスト御池にて開催されます! 昨年度と比べ、より地元の方や沢山の観光客の皆様に足を運んで頂きやすい会場が増えたことで、より多くのお客様にみなさんの歌声をお届けすることができます。素敵な歌声が京都の様々な地で響き、地元の方々や観光客に届きますように。そして、素敵な繋がりが生みだされる場になれば良いなと思います。さて『慎太郎音楽祭』の”慎太郎”とは、中岡慎太郎と呼ばれる志士で、坂本龍馬と同様に高知県にゆかりある人物。龍馬と共に幕末に活躍しました。 慎太郎音楽祭は龍馬よさこいと同時開催される催しであり、龍馬と関連のある慎太郎の名がつきました。参加してくださる皆様の素敵な歌声を届けるべく、実行委員一同お祭り当日まで出来る限りのサポートを頑張って参ります! 沢山の学生アカペラサークルの皆様のご参加を心よりお待ちしています。

慎太郎音楽祭統括 柴田夏菜子

タイトルとURLをコピーしました